トップ 追記

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2021-07-11

_ The Last 5 Years

子供に誘われて有楽町のオルタナティブシアターでThe Last 5 Yearsを観る。

作者はパレードの人らしいが、パレードと異なり演者2人のオフブロードウェイ作品とのこと。

最初女がジェレミーと呼びかける去って行った夫に対する思いを歌う。

そこにスマホをいじる若いジェレミーが登場。キャシーに恋をしちゃったという歌を歌う。

キャシーは劇評が好意的だったといいながらエージェントに次の仕事を頼むがうまくいかない。

ジェレミーは教授に紹介された編集者から小説採用の電話を受ける。

キャシーはオハイオでのドサ回りの歌を歌いながら、ジェレミーのサイン会を見ている。田舎の本屋にもジェレミーの本が並んでいるのを見て誇らしい(のは1つ後だったかな?)

男は有頂天時代。

キャシーはジェレミーの出版パーティに参加するかしないかで喧嘩をする。

二人は結婚し、二人で歌う。

キャシーはわくわくしている。

ジェレミーは何かうまくいかなくなっていることを感じる。執筆は孤独な作業で、キャシーはそれがわからないのか。

キャシーは田舎から出て来て高校時代の友人たちがマイルドヤンキー化したけど私は違うと歌う。

ジェレミーは編集者と懇ろになり、キャシーと別れることを決意する。

キャシーは今日のデートが終わってジェレミーに別れを告げる。ジェレミーはキャシーに別れを告げる。

と、恋して結婚して破局するまでを女は現在から過去へ男は過去から現在へ逆に時間をたどる。

シンクロするのは、結婚のときと別れのときだけだ。

この構成はおもしろい。舞台劇だからこそ空間の共存と時間の非共存が可能なのだな。

特に逆順になる女役の歌手は気分の切り替えが普通の劇の逆になる(あくまでもだんだん幸福になるわけではなく、諦念から希望満々に逆行するのだ)から難しそうだ。

僕が観たのは、昆夏美という人がキャシーで、どうにも痛々しい(が、実際には売れなく男に去られる役者ではなく、まさに今舞台で演じている人間なわけで、その役者というものの二重性がおもしろいといえばおもしろい)が、元気いっぱい、特に最後のほうの希望と野心に燃えているところはうまいと感じた。

ただなんというか、最初から成功しつつある男と、最初からうまくいっていない女の別れ話で、かつ視線は敗者(少なくともこの劇の時点で)側に置かれているのでそれほど気持ちが良い劇ではない。が、こじんまりとした心理劇としてはおもしろい。

曲は1曲目が、どうにもロイドウェバーの劇場ネコの歌みたいで、続く2曲目も(聞いているときはそっちの曲が聞こえるくらいだったが今となっては思い出せない)そっくりだなと感じたが、確かにパレードの作曲家らしい。リズミカルな曲がうまく、楽器の音色の重ね方は抜群だ。

子供も楽器の使い方がうまいと言うので、おそらく正規の音楽教育を受けているのではなかろうか? その意味ではレントの作者の対極のようなとか話ながら帰る。

The Last 5 Years Songbook: Movie Vocal Selections (PIANO, VOIX, GU) (English Edition)(-)

映画にもなったようだが、時空の構成が舞台と同じとは考えにくい。


2021-07-09

_ オッドタクシー

妻がアマゾンプライムで観てやたらと気に入ったらしく強くお勧めしてくるので観た(妻的には3周目らしい)。

すごくおもしろい。

公園に海豹か海象みたいなタクシー運転手が停まってネコとからむOPの猫がかわいいなと見ていると音楽がショワーンとなってタイトルが出てくる。この音楽の作り方はすごく好きだ。

というわけでまじめに観始めて1日に3回分くらい観ながらシーズン1を全編観た。というかシーズン2はあるのかなぁ。

物語は実に巧妙に仕込まれたハードボイルドミステリーで、主人公のタクシー運転手が乗せる客それぞれが持つ犯罪に巻き込まれていく。

後ろ姿から白くて長い首が特徴のカポエラ遣いだと一目でわかる写真に、運転手以外が気づかないといったシーンがあって妙に気になったが、そういった気になる点もすべてうまくおちがつく。

途中からヤマアラシのギャングがすべての台詞をラップするのだが、それもうまい。

音楽も絵も話も人物造形もすべてが完璧な作品ではなかろうか。

次々出てくる登場人物、見事に絡み合って最高にクール、スタイリッシュなフィルムノワール、山嵐のアンちゃんのセリフ回しもいかしてて、いつしか口調もリトミック、巻き込まれ型のクライムストーリー、冴えないおっさんのハードボイルド、売れない芸人つつもたせ、地下アイドルに悪徳警官、どこで誰が出会うか消えるか何が起きるか大都会、スマホに動画にGPS、小道具使ったカーチェイス、空に向かって飛ぶタクシー、笑いもあれば泣きもある、これはいかしたラブストーリー、落ちもつけばカタもつく、だけど続くよ人生は。

みたいな。

オッドタクシー(花江夏樹)

妻は、物語られない最後、主人公のタクシー運転手が殺されるのではないかと心配していたが、さてどうだろうか。そもそも乗せたのは1人なのか2人なのか別々なのか、ドブはドラレコから誰を見たのか、そこは語られない(が、1人についてはわかっているわけだ)。

押し入れの中から本物が出て来て主人公が安心するところも好きだが、色がうまい。


2021-06-29

_ サハリン島

王の没落も三体(死神永生)も読み終わったので、いよいよサハリン島にとりかかった。

うわっ、実に奇妙だ。

最初、先祖代々受け継いだマッキントッシュのコートを手入れしている女性の一人称から始まる。

徐々に貨物船に乗っていること、未来についての文化人類学的な研究のために、北方領土をめぐる旅についていることが明らかになる。

海には幽霊船(乗り手不在の難破船らしい)が出没して、貨物船を護衛する水雷艇が爆破する。水雷艇の乗組員になることは憧れの的らしい。その一方で、水雷艇に護衛される唯一の貨物船(他に護衛される船は天皇のお召し船だけ)だけに、その乗組員は屈折した(というのは、水雷艇の乗組員は憧れだからだが)誇りを抱いている。

貨物船には中国人労働者が大量に載せられ、ほぼ帰ることができない鉱山労働のために択捉島で降ろされる。労働者は胸に鉱石が溜まり、廃人となり、最終的には圧搾機で絞り殺されて肺にたまった鉱石0.5gとなる。

隣の船室のイヌと呼ばれていた囚人(妻と子供を殺した)は自殺すると、船長は塩漬けにして韓国人街でなにかと交換するらしい。

主人公の母親はロシア語を話せたらしいので、主人公はどうもロシア系の日本人のようだ。

サハリン島(エドゥアルド・ヴェルキン)

一体これはどうなるのか皆目見当もつかない。

異様な帝国の観察という意味では家畜人ヤプーのような作品なのか?

その一方で、この奇妙な日本は、犬ヶ島をも彷彿させられる。

犬ヶ島 (吹替版)(ウェス・アンダーソン)

先を読み進めるのが楽しみだ。


2021-06-28

_ 鴻池の犬

江戸楽4月号の桂右團治の落語紹介の鴻池の犬がおもしろそうなのに、いくら読んで(行間から細部まで読みに読んだ)も全く下げを理解できない。

コイコイコイでどうしてああなるのか?と妻(読んだ直後に、黒が手伝わされたのかとか寝とぼけたことを言っていたくらいだ)と2人で不思議がる。

この後当家と末永いお付き合いと今橋は鴻池善右衛門の手代の太兵衛に言わせているのに弟を追い出すくらいだから、元の船場の南本町の商家と今橋の鴻池で、大阪人にはわかる何か関係があるのかな? 花札のコイコイが関係するのかな? とあらぬ方向にまで想像力を伸ばすが、もちろんわかるわけがない(それはそれでおもしろい何かがあるのかも知れないが、少なくとも何も関係なさそうだ)。弟が白と斑というのも何かありそうな気がしないでもないが、それでもやっぱりわからない。

で、結局妻が調べてコイコイコイは本来クーロクロクロという大阪の方言とわかって、情け容赦なく下げを解説しないで突き放す右團治の清々しさに感服した(編集者だってあれ読んですぐに下げを理解できたとは思えないが、そうでもないのかなぁ)。いずれにしても、落語家本人が語って落ちたらだめだろうからそれは良いことだ。

というか、超わかりやすい版(たとえば Wikipediaでは下げをあらすじ内で説明している)であっても、(おれはなるほどと映画だかテレビだかご近所だかの記憶がよみがえったが)そもそも現時点の日本語でどれだけ理解できるのか? と失われ行く日本の文化に思いをはせる。

月刊江戸楽 4月号 (2021-03-20) [雑誌](エー・アール・ティ)


2021-06-21

_ くえを食べた

緊急事態宣言が明けたのでオフィスへ行って、さて昼飯を食べるかと、久々にさかり寿司へ行く。

なんか店先の信楽焼の女将さん風のタヌキが気になって結構ランチを食べに行ったのだが、緊急事態宣言でリモートワークしまくっていたので数カ月ぶりくらいの雰囲気だ。

で、だいたい昼はマグロ漬け丼のバリエーションが出ていてとても美味しい。

というわけで軒先のスペシャルを見ると、マグロ漬け熟成くえ丼というのがラインアップされている。

くえって食べたことないな、と思って、それを頼んでみた。

大体、良いものを仕入れたような時は店の親父が丼を出しながら、今日のは~とか説明してくれるのだが、今回のはいつもと様子が違って(大体は産地とかなのだが)価格の話だった。「夜だと一切れ600円はいただくところなのに、3切れも入っているから超お得です。ちなみに熟成5日目」とか、そんな感じ。

くえってそういう魚なのかと(知らないだけに)思っていると、追い打ちをかけて「これは醤油でも良いけど、塩昆布が合うから」と言って、小皿に塩昆布を一つまみ出してきた。こういうのは初めてだ。見た目はきれいな白身だ。

というわけで、なんかよくわからんが塩昆布を乗せて食べてみた。

ほー、こういうものですか。とにかく歯ごたえの塊なのだが、筋があるとかそういうわけではないので最後まで噛み切れる。しかし噛み切ってもまだ噛める。一方、味は全然感じなくて、塩昆布の味ばかりで、どうやら乗せ過ぎたらしい。

という調子で3枚食べてみたわけだが、味ではなく食感の食べ物だなという印象は最後まで変わらない。随分違うような気もするが、あいなめ(おれが知っている刺身の中では一番近い)が吟醸なら、くえは大吟醸という感じだ。

味が淡いので昆布と塩なのかな。確かに醤油という感じではない。昆布の旨味があるから美味しいのかもと思った。

なんとも奇妙な感覚で、とにかく香りはほとんどなく、しかし食感は抜群、もっとも味はおそろしく淡泊(というよりも無いに等しい)ということは、おそらく、日本酒の良いものと抜群に合うのではないだろうか。

あとになって、あらためて調べてみたら(クエ)偽物が出るほど超高級魚とかになっている。一方、旨味は無いと書いてあって、なるほど、だから熟成させているのかと思った(が、熟成させても旨味が滲み出てくるわけでもなさそうな)。

一方、今日のマグロの漬けは希少部位(多分脳天)で、これはもう味の塊のようなもので実に美味しい。

というわけで、さかり寿司は実に楽しい。

マグロ漬け+くえ丼


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|

ジェズイットを見習え