トップ «前の日記(2009-03-06) 最新 次の日記(2009-03-08)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2009-03-07

_ ウルフはフレンチホルン

結局、どうにも聴きたくなって、廉価版になっているので買ってしまったのが、オーマンディとボウイのピーターとオオカミだ。

プロコフィエフ:交響曲第5番&ピーターと狼(プロコフィエフ/オーマンディ(ユージン)/フィラデルフィア管弦楽団/フィラデルフィア管弦楽団 オーマンディ(ユージン)/デヴィッド・ボウイ)

おれは英語の聞き取りはできないのだが、驚いたことに、ここでのボウイの語りは大体わかる。

あらためて聴いて(ドニラバンの口笛を除けば、ピーターと狼を聴くのは数十年ぶりってことになる)、ほとんど覚えていなくても思い出すのには驚いた。

たとえばピーターとおじいさんは覚えていたが、小鳥(would be played by the fluteと言っているのだと思うというか音はフルートだ)は忘れていたし、ダックのはオーボイみたいに聞こえるのでオーボエで、猫(by the clarinet……クラリネットがダックだと思っていた)も忘れていた。特に、狼や狩人は存在自体忘れていたというか、狼がいないはずはありえないのに。

で、狼の音があまりにきれいなのでちょっと驚いた。ワグナー風というか、ちょっと、映画のネバーエンディングストーリーを想起する。ピーターが小鳥と話すところではジークフリートを想起する。もちろんメロディは違うが。さらに登場人物が増えていくとソロがオーケストレーションになっていくし、さらにテンポの変化も生まれる。

……ちょっと、「おれは11:45のあたりが好きだ」みたいな音楽のような気もするが、逆手をとって、まさにそういう音楽にしたわけだ。こういうある意味、ばかみたいな音楽を、プロコフィエフがどういうつもりで書いたのかはわからないが、仮に適当に書いたのだとしても、すべての音が有機的にお話を構成していて、実に巧妙だ。というか、極端流ライトモティーフクラスターな音楽だな。

あらためて聴くと、ピーターと狼は、オーケストラの、というかロマン派音楽の語法というものに忠実な、とてもうまく組まれた音楽だということがわかる。これはいいなぁ。子供のころさんざん聴いたのが、知らないうちに血肉になっていたんだな。これが耳に組み込まれているということが、音楽を楽しむのにどれだけ役に立っていることか、初めて知った。で、こんなところで親に感謝してみた。

日本語圏では、どれが子供に良いのだろうか? とちょっと気になる。

ピーターと狼(プロコフィエフ/メータ(ズービン)/イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団/佐野洋子 明石家さんま/明石家さんま/パールマン(イツァーク))

画が100万回生きたクラリネットで、語りが幸せってなんだろう、音がメータ。とんでもないプレミア価格。でも、これは良さそうだ。

現役盤だと中山千夏しかないみたいだ。

プロコフィエフ:ピーターと狼(サン=サーンス/プロコフィエフ/グローヴズ(サー・チャールズ)/コシュラー(ズデニェク)/フィルハーモニア管弦楽団/東京都交響楽団/中山千夏と子供たち)

ふーむ。

と思ったらアマゾンの書き方ではまったくわからないが、

プロコフィエフ:ピーターと狼(小澤征爾/ブリテン/プロコフィエフ/サン=サーンス/ボストン交響楽団/オールソン(ギャリック)/ブラウニング(ジョン))

は、小澤征爾が自分で語っているのであった。ということは、順当にはこっちだろうな。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ とおりすがり (2009-03-08 22:06)

5番も聞いてあげて下さいよ。せっかく入っているんですし。あとロメジュリも。

_ arton (2009-03-08 23:25)

そりゃそうですね。>5番<br>純器楽曲を聴くのは結構消耗するので、体調が良いときにでも(BGMとしては聴いたけど、可もなく不可もなく)。<br>ロメジュリは、バレエを観る機会があったらということで。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|

ジェズイットを見習え