トップ «前の日記(2014-10-15) 最新 次の日記(2014-10-22)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2014-10-19

_ ドンジョヴァンニ

新国立劇場でドンジョヴァンニ。

タイトルロールをエレールが歌うというのですごく楽しみにしていた。前回のクヴィエチェンも良かったが(まるでプリンスのようなすごい歌手だなと思っていたらメトのスターになってしまったからもう新国立に来ることはないだろう)、エレールは別格だ。ウィーンスターツオパーの総裁引退記念でのローゲを観てからのファンなのだ。

それが予想以上に素晴らしかった(そう来るのかという驚きもあった)。威風堂々、ノーブルで、しかも風雅なドンジョヴァンニなのだ。もちろん歌う内容は下種なのだが、それはドンジョヴァンニだからどうしようもない。

後になってインタビューを読んだら

「まず第一に、ドンは貴族なのです。どんなに汚い面やダークな面を持っていても、彼は貴族ゆえにたいていのものは手に入る身分です。それが手に入らない場合にのみ、実力行使に出る。ふだんは荒っぽくて粗野な部分を出す必要はないと解釈しています」

と語っていて、なるほどと納得すると同時に、自分がイメージした通りの人物像を観客に間違いなく提示できる知性と力量を持つ大した歌手だなぁと感心した。1幕、ツェルリーナに語り掛けるように歌い始めて二重唱になるやつがこんな良い曲だとは思わなかった(というかツェルリーナも良かったのだ)。

レオポッロのマルコヴィンコはカタログの歌のところではなんか声は通らないし、あまり愉快ではないなぁと感じたが、どんどこ良い調子。いずれにしても、2幕でもう飛ぶまいぞこの蝶々の引用のところで、これは知っているというのはずる過ぎる。

演出は前回と同じく、鏡面の水面をゴンドラで登場する。(その前に扉が開くところが美しい)。後ろの幕があくと、水面に建物が影を落とす(前回もそうだったかな?)。

エルヴィーラは声が通る良い歌手。

でも特に良かったのはドンナアンナで、正直なところ(おれはそれほどモーツァルトは好きではないこともあって)ドンナアンナとドンオッターヴィオが歌っている間は休憩時間なのだが、このドンナアンナは素晴らしい。声量があるわけでもなければ、すさまじい美声というわけでもないように思える。しかし、どうあってもこれまで聞いたどんなドンナアンナよりも歌の良さ(そういうものがあるとして)を引き出していた(カルメラ・レミージョという人)。

妻屋は不思議だなぁ。最初にラインの黄金のファフナーあたりで見たときは全然ぱっとしない感じだったのに、実に堂々とした歌いっぷり。

バックステージツアーに当選したので終演後は舞台装置の見学。舞台監督の斎藤さんの話を聞くのはこれで3回目くらいの気がするが実におもしろい。袖から舞台に移動するとすーっと変化するという話は特におもしろかった。(客席後方のマシン室は金魚鉢と呼ぶらしい)

そのとき、おれの頭の中ではムーンバット先生がグラウンドから外に出るところのシーンが想像されたのだった。

フィールド・オブ・ドリームス [Blu-ray]


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

ジェズイットを見習え